スマートフォン用の表示で見る

天保暦

一般

天保暦

てんぽうれき

太陰太陽暦の一つ。幕末に制定され、天保暦使用中に太陽暦改暦を迎えた。

現在「旧暦」と呼んで使っている物は、天保暦に基づいて計算された物である。

天保暦より前は二十四節気の計算に平均太陽を用いていたが、天保暦では視太陽を採用した。これによって、2033年の月名がおかしくなるという問題点が指摘されている。