天野貞祐

読書

天野貞祐

あまのていゆう

1884〜1980。神奈川県生まれ。哲学者

1902年(明治35)京都帝大哲学科卒。カント哲学を専攻し、31年母校京都帝大の教授となる。戦後は甲南高、一高の各校長、日本育英会会長を経て、50年第三次吉田内閣の文相となる。52年辞任後は独協大学長などを務め教育界に貢献した。カント哲学に関する著書、訳書の他に人生論、教育論に関する著作も多く、当時の学生の思想形成に大きな影響を及ぼした。