スマートフォン用の表示で見る

天理教

社会

天理教

てんりきょう

天理教(てんりきょう)は、日本の新宗教の一つである。教祖中山みき親神天理王命御霊様を崇拝対象とする天啓宗教創唱宗教である。同じ江戸時代末期に開かれた黒住教金光教と共に日本三大新宗教の一つに数えられている。

農家の娘であった教祖中山みきの教えは素朴で、人助けをしなさい、親を大切にしなさい、そして陽気暮らしの世界を実現しなさいというものである。非常にわかりやすい思想であったため、近辺の庶民を中心に広がった。

生まれ変わることが信じられている。