スマートフォン用の表示で見る

天龍寺船

読書

天龍寺船

てんりゅうじぶね

日本の南北朝時代京都・嵯峨にある天龍寺の造営費捻出のために室町幕府公認の下、元へ派遣された貿易船(寺社造営料唐船)。当時は「造天龍寺宋船」と呼ばれた。1341年、足利尊氏後醍醐天皇の冥福を祈るため天龍寺建立を志し、元寇以来絶えていた元との貿易を結び、天龍寺造営の資金に充てる計画を立てた。尊氏の命で、弟・足利直義、禅僧・夢窓疎石らが協力し中国・元に派遣した。