天輪王命

社会

天輪王命

てんりんおうのみこと

天理教教祖中山みき天命を受けたという神様。天理教が主張する、天地創造の神のこと。親神(おやがみ)ともいう。輪廻転生の神。親様御霊様と並んで天理教信者の崇拝対象の一つ。

明治18年頃まで、中山みきは「天輪王命」と呼んでいて、その後に「天理王命」に変わった*1。現在は後者が使われている。