天誅組の変

天誅組の変

(社会)
てんちゅうぐみのへん

日本の幕末の文久3年(1863年)8月17日に吉村寅太郎をはじめとする尊皇攘夷派浪士の一団である天誅組が公卿中山忠光を主将として大和国で決起した事件。幕府軍の討伐を受けて壊滅した。

新着ブログ: 天誅組の変