点描法

アート

点描法

てんびょうほう

 印象派の末期に登場した絵画作成法。今でいうカメラの画素のように、カンバスを点ごとに色をプロットしていく画法。スーラシニャックなどが代表的。