伝説巨神イデオン

アニメ

伝説巨神イデオン

でんせつきょじんいでおん

富野喜幸(現・富野由悠季)が「機動戦士ガンダム」につづいて手がけたロボットアニメ

1980年5月8日〜1981年1月30日、東京12チャンネル(現・テレビ東京)にて放送。全39話。

打ち切られたため、完結篇は劇場版として制作され、1982年7月に公開された。

ストーリー

地球人が宇宙に移民するようになった未来。

伝説の無限エネルギー「イデ」を探索の為ソロ星(ロゴ・ダウ)を訪れた異星人バッフ・クランは、移民してきた地球人と接触。

お互いの誤解から戦争に発展する。

地球人たちはソロ星で発掘された第6文明人*1

変形・合体することで全高100m以上の巨大ロボットイデオン」となる3つのメカと「ソロ・シップ」を

使って宇宙へ逃れるが、その遺跡にこそ「イデ」が秘められていたのだ。

主人公ユウキ・コスモは「戦う意志がない」ことを示すために白旗を上げるが、

バッフクラン社会では地球的「常識」は通用しない。

それは「お前らを地上から抹殺する」という逆の意味だった。


「スペースランナウェイ イデオン」終わりのない逃亡劇のはじまりである。

キャスト

*1:第6文明人というのは地球人類にとって“6番目に遭遇した地球外文明” という意味。それまでに遭遇した第1から第6までの文明は既に滅びていた。バッフ・クランは第7文明人。