スマートフォン用の表示で見る

田口禎則

スポーツ

田口禎則

たぐちよしのり

サッカー選手、浦和市議会埼玉県議会議員

ポジションはディフェンダー

1965年9月14日生まれ、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。

浦和南高校から筑波大学を経て1989年、全日本空輸入社。全日空サッカークラブ(後の横浜フリューゲルス)で4年間プレー。

Jリーグ発足後の1993年サンフレッチェ広島に移籍。

1994年、浦和レッズに移籍。レギュラーとして活躍した。

全日空時代の1991年には審判に暴行し1年間の、レッズ時代の1995年には浦和市内の路上でサポーターに暴行し4ヶ月のそれぞれ出場停止処分を受けた。

1999年現役引退。JSL通算139試合出場8得点、Jリーグ通算96試合6得点。

その後、当時の浦和市議会議員初当選

2003年には埼玉県議会議員に当選。

2001年からさいたまレイナスの監督に就任。2004年L1リーグ初優勝に導く。

2005年浦和レッズレディースへの組織変更に伴って勇退

2006年、Lリーグから生まれ変わった「なでしこリーグ実行委員会総務主事に就任。

田口ひかりは長女。


* リスト::サッカー選手