スマートフォン用の表示で見る

田沼意知

社会

田沼意知

たぬまおきとも

日本の江戸時代中期の若年寄田沼意次の嫡男。

天明4年1784年)3月24日、江戸城中で田沼家と遺恨があったとされる佐野政言に大脇差で刺され、8日後に死亡した。