田沼隆志

社会

田沼隆志

たぬまたかし

◆昭和50年(1975年) 12月26日生まれ 山羊座 A型

◆昭和57年(1982年) 園生幼稚園 卒園

◆昭和63年(1988年) 小中台南小学校 卒業

◆平成3年 (1991年) 小中台中学校 卒業

◆平成6年 (1994年) 千葉東高校 卒業

◆平成11年(1999年) 東京大学経済学部 卒業

所属していた立花隆ゼミでは、インタビュー集『二十歳のころ』(新潮社)を出版

◆平成11年(1999年) アクセンチュア株式会社入社

戦略グループにて、企業の経営、財務、営業、組織、新規参入、業務改革等、様々な改革プロジェクトに参画し、民間最前線の改革手法を学ぶ。行政機関の戦略立案・改革実行プロジェクトにも取り組み、 民間と行政の仕組みや意識の違い、その改革手法の違いを、肌身で理解した。行政を、民間の感覚・手法で改革し、顧客=住民のためになる行政を作りたい。それを本当にやりぬく信頼される政治を創りたいと考えるようになる。

◆平成18年(2006年)8月 政治家を志しアクセンチュア株式会社を退社。

きっかけになったのは、鹿児島県の知覧にある特攻隊記念館を訪れたこと。自分より10歳も年下の若者たちが、国のため・故郷のため、愛する家族を守るため、命を捧げた。親や祖父母、そして多くの先人達の苦労と期待のもとに、今の日本や千葉、自分がある。そのことを知り、田沼自身も何か、世のため人のため立派な仕事をしなくてはいけないと強く考え、政治を志す。

退社前の7月7日に、稲毛駅前で初の演説をする。

◆平成19年(2007年)4月 千葉県議会議員選挙出馬無所属の新人ながら大健闘するも落選(14781票:投票率48.46%)

◆平成19年(2007年) 政治浪人期間、日本教育再生機構の職員として、教育再生に従事。この間も、定期的に駅立ちやチラシを作成・配布を行うなど地道に政治活動を継続。

◆平成21年(2009年)10月 千葉市議会議員補欠選挙にて最高位当選(11793票:投票率25.12%)。

稲毛で立て続けに起きた政治家の逮捕事件(現職市議会議員の暴力事件、現職市長収賄事件、現職議長の恐喝事件)。稲毛の誇りをおとしめ、政治の品位を低下させる、そのような体質の千葉市政を放っておくことができず、「政治の体質を変える」をうったえる。(PDF)

当選後の議会では無所属一人会派「千葉維新会」を結成