田川誠一

一般

田川誠一

たがわせいいち

衆院議員 1918年6月4日〜2009年8月7日 神奈川県出身

1960年衆院選初当選し、11期務める。河野洋平のいとこで1976年に河野洋平とともに自民党を離党し、新自由クラブを旗揚げに参加。この背景にはロッキード事件による汚職で政治の清浄化を図るためであった。その後、新自由クラブは、自民党との連立を組み、自治大臣を務めた。*1しかし、1986年の衆院選での大敗河野洋平らが自民党に復党*2する一方、田川誠一は、進歩党を旗揚げ。再び政治清浄化を訴えたものの、弱小政党のまま、1993年に引退した。

2009年8月7日、老衰で死去した。

*1:この辺については、かつての自民党社会党新党さきがけ自民党公明党との連立とは全く違うほか、あまり知られてない事実である

*2:ただし、のちに経済産業相を務める甘利明小杉隆、このとき落選した伊藤公介らは入党する