スマートフォン用の表示で見る

田村圭

スポーツ

田村圭

たむらけい

野球選手。横浜市出身(1990年度生まれ)。サウスポー

小学2年から野球をはじめ中学時代は中本牧シニアで3年時にジャイアンツカップ3位。

進学した慶應義塾高校では2年夏ながらエースになるが、右ひざ故障、成長痛に悩まされる。しかし4強入りし、力道山の孫(末娘の3女の子息)として報道も多く話題になった。

2年秋は左肩痛により出遅れ、同僚の只野の台頭もあり左右の二枚看板として関東大会準優勝し、翌春の選抜甲子園大会への出場を決める。

3年春選抜には背番号10として出場、初戦に先発し5回1失点と好投したが敗退。 その後は2ヶ月間リハビリ、夏は調整不足とされながらもエースとして甲子園連続出場に牽引。只野との継投で勝ち上がり中等学校選手権時代の慶応普通以来88年ぶり全国8強に貢献する。

その後、プロ入りするか注目されるもプロ志望はせず、現在慶應義塾大学にエスカレーターで進学し、硬式野球部で活動中。