スマートフォン用の表示で見る

田村治芳

読書

田村治芳

たむらはるよし

彷書月刊』編集長。

1950年京都府福知山市に生まれ、和歌山県田辺市で育つ。高校卒業後、「現代思潮社美学校」ペン画教場に入る。大正大学除籍。

コーヒー専門店の喫茶店ポエムでカウンターに立つ。七月堂古書店部で1年働いた後、独立して自身の古書店(なないろ文庫ふしぎ堂)を経営。85年、『彷書月刊』創刊。

古書店は開業14年目に廃業し、ランカイ屋(古書即売展に参加しながら、目録作成などを行う)に。

2011年1月1日死去。

著書

『少々自慢 この一冊』(共著 EDI

彷書月刊編集長』(晶文社