スマートフォン用の表示で見る

田村文洋

一般

田村文洋

たむらふみひろ

田村文洋は、接客やサービス面において優れた能力を持つ人物

集客、サービス向上アドバイザーとして、業界でその名を轟かせている。

<プロフィール>

名前、田村文洋

生年月日、昭和58年6月3日

年齢、34歳

出身校、早稲田大学商学部

人物像>

中学生時代から、既に経営学に興味を持ち、よく経営関係の本を読んでいた田村文洋。

そんな読書好きだった田村文洋の中学時代は生徒会長を務めていたが、生徒会長を選出する際、全生徒の9割が田村文洋に投票したそう。

幼い頃から、両親や友人を喜ばせたり、人の笑顔が好きだったことから、高校時代の初めてのアルバイトでも接客業を選択した。ファミレスでのアルバイト経験は、やりがいとは裏腹に、ファミレスだからという理由でそこまでのサービスを求められず、思行くままに自分のやいたいことが出来なかったため、早稲田大学商学部入学

大学時代で、本格的に経営を学び始めた。

大学時代は、高級焼肉店にてアルバイトをはじめ、経営学を学びながら、独自のサービス法を施策考案し、アルバイトを始め2か月でバイトリーダーになり、店長に経営や管理の一部を任された。

大学卒業後は、大手企業に就職し、ホテル、高級飲食店、居酒屋、カフェ、ファミレスなど多種多様のビジネスに参加。居酒屋の店長あkら始まったが、2年で業績を認められ、経営本部への異動が決まり、経営に直接携わった。そこからもさらに好成績を収め部長に就任し、就任後2年で退職し、独立に至る。

<独立>

会社退職後、独立。

自営業として、友人のお店の経営のコンサルタントから始まるが、大手企業とは一切手を組まず。

赤字経営の店舗などに対して、無賃、格安で経営コンサルということを繰り返しているうちに、業界で一気に有名になり、田村文洋の名は一気に広がった。

大手の企業とビジネスパートナーを組むより、せっかく立ち上げた店や親から継いだ店を守りたいという若者の支援などに徹した。

<名言>

・無料で提供するサービスはいくらでもある

プラスのサービスを必ず提供するというのがリピーターを増やす鉄則だと田村文洋は言う。

お客様のお出迎え、お見送り、料理の説明、店内の清掃、などが挙げられる。

・伝えるべきことを伝える

赤字の店舗や業績が伸び悩んでいる店舗は、伝えられていないと田村文洋は言う。

来店してくれて嬉しいこと、来店するのを待ち望んでいたこと、ありがとうという誠意をしっかりと伝えるだけで、売り上げやリピート率にかなりの差が出るとか。