田代有三

スポーツ

田代有三

たしろゆうぞう

サッカー選手。ポジションはフォワードセンターフォワード)。

1982年7月22日生まれ。福岡県出身。身長181cm、体重77kg。


正確なポストプレーと空中戦の強さが売りのターゲットマン

福岡大学時代には、2003年ユニバーシアード日本代表、2004年全日本大学選抜に選出され、九州大学リーグ優秀選手を受賞するなど大学ナンバーワンのフォワードとして活躍。Jリーグ特別指定選手として、2003年に大分トリニータ、2004年にサガン鳥栖に登録された。

鹿島アントラーズでは入団2年目の2006年から頭角を現し、2008年には東アジアサッカー選手権日本代表に選出された。しかし鹿島では2008年途中から興梠慎三の控えに回るようになり、出場機会が減少していた。2010年、モンテディオ山形期限付き移籍山形ではリーグ戦10得点をマークした。2011年鹿島に復帰。2012年、ヴィッセル神戸に完全移籍。2015年3月、セレッソ大阪に入団。