スマートフォン用の表示で見る

田中圭一

マンガ

田中圭一

たなかけいいち

サラリーマン*1兼業漫画家

1962年、大阪府出身。

1984年、『コミック劇画村塾』掲載の「ミスターカワード」でデビュー。

1986年より連載された『ドクター秩父山』で知名度を高める。パロディ、お下劣の両分野で多方面に高い評価を得る。

とくに手塚治虫パロディでは右に出るものがいない。未完の絶筆『グリンゴ』の続編を、手塚プロダクションの公認を得て書くほどである。

単行本『田中圭一最低漫画全集 神罰』(ASIN:4872572963)は、まず帯から手塚るみ子*2の「訴えます!!」という直筆コメントが叩きつけられている。裏帯には「ライオンキングは許せても田中圭一は許せません」と啖呵をきっているが、もちろん田中圭一には公認を出している。


もう一つの柱は本宮ひろ志パロディ

アートディンクに勤めていた頃、プロデューサーとして本宮ひろ志キャラクター原案土建屋格闘ゲーム『建設動機喧嘩バトル ぶちギレ金剛!』*3の制作に携わったのがきっかけ*4

現在、漫画家以外の仕事として

マンガプロセッサー“コミpo!”の企画&プロデュースとして注目を集めている。

リスト::漫画家

*1タカラアートディンクセルシス株式会社ウェブテクノロジ取締役 兼 企画営業グループ部長 google:site:ascii24.com 田中圭一

*2手塚治虫・長女

*3:2000年6月発売

*4:ほかに『アクアノートの休日2』(PS)のプロデュースも担当