田中浩康

スポーツ

田中浩康

たなかひろやす

プロ野球選手。ヤクルトスワローズ内野手背番号7。

1982年5月24日生まれ。京都府出身。177cm77kg。右投右打。O型

尽誠学園高→早稲田大ヤクルトスワローズ(2004年ドラフト自由枠)

東京六大学リーグでは1年春から全試合に出場し、史上24人目の100安打を達成。


2007年は開幕からセカンドで起用され、春先は不調となるも一軍に定着。中盤に2番セカンドとして早大時代に1・2番を組んだ1年年上の青木宣親と再びスワローズで1・2番を組み、リーグ最多の51犠打を記録した。3年目にして自身初の規定打席に達し、成績も132試合、打率.295、HR5、打点51を残しベストナインにも選出された。


シュアな打撃と堅実な守備、そして骨折しても試合に出続ける精神力の強さが魅力。将来のチームのリーダー候補。


リスト::野球選手