スマートフォン用の表示で見る

田中将大

スポーツ

田中将大

たなかまさひろ

プロ野球選手(投手)。通称・マー君

1988年11月1日生まれ、兵庫県伊丹市出身。右投右打。愛称は「まさお」。

MAX151キロのストレートとスライダー・フォークは切れ味抜群。松坂以来の本格派右腕・超高校級ルーキーとして騒がれ、それに応える活躍をしている。野村克也元監督は、その素質の高さを「マー君、神の子、不思議な子」と褒めたたえているほどで、名言になっている。

坂本勇人は小・中学校の同級生でありライバルの一に数えられる。3年夏に、斎藤佑樹が在籍する早稲田実業夏の甲子園決勝で対戦するが、再試合にまでもつれこむも準優勝に終わる。

北京五輪代表で一緒に選抜された藤川球児ダルビッシュ有にかわいがられ、先輩受けのいいことでも知られている。特にダルビッシュからは投手の心得を教わるなど、彼が一皮むけるきっかけとなった。

2011年より斎藤がファイターズに入団。9月10日仙台で両者が対戦し、田中に軍配が上がっている。対ファイターズ戦では田中と斎藤の対決も注目の的になっている。

2012年1月26日、日本の女優・タレントの里田まいとの婚約を発表した。3月下旬に入籍。

2013年8月16日には、前年から続いていた連勝が21となり、プロ野球新記録に。最終的に前年からの連勝を28、開幕からの連勝を24としてそれぞれ日本プロ野球新記録を達成。規定投球回数に達し、勝率10割としたのは日本プロ野球史上4人目で、シーズン無敗で最多勝は日本プロ野球史上初。また、この年のリーグ初優勝時の胴上げ投手にもなった。

2014年、新ポスティング・システムで大リーグ移籍を目指していたが、ヤンキースと合意したと発表された。米メディアでは7年契約で、約161億2000万円と報道されている。背番号は19となった。

2014年5月20日、カブス戦に先発。6回を投げ4点を失い、メジャー初黒星。日米を合わせたレギュラーシーズンの連勝は「34」でストップとなった。

経歴

年度所属背番号備考
2004-2006駒大苫小牧高校-甲子園出場あり。2年夏に全国制覇、3年夏に準優勝
2007-2013東北楽天ゴールデンイーグルス182006年高校生ドラフト1巡目
2014-ニューヨーク・ヤンキース19ポスティングシステムでの移籍

個人タイトル