スマートフォン用の表示で見る

田中上奏文

一般

田中上奏文

たなかじょうそうぶん

日本の世界征服計画書だとされる偽書。田中メモランダムとも呼ばれる。

昭和2年 (1927) に、当時の首相田中義一から昭和天皇に差し出された上奏文の形を取るが、内容的に昭和4年 (1929) の公表間際に書かれたのは明らかで、田中自身の経歴に誤りがあったり、上奏文としての形式に基本的な不備があったりするため、偽文書であることはまず明らかである。

しかし現在でも、ロシア中国では本物だと信じられており、中国では特に教科書などで教えられていたりする。

また、米国政府によって戦時中の反日プロパガンダに利用されたため、米国をはじめとするそれ以外の国々でも信じ込んでいたり、田中上奏文に基づく史観が名残りを留めていたりする。

なお、一時期米国の学者によって、ソ連謀略説が唱えられたことがあるが、成立時期を考えると成り立ち得ない。