スマートフォン用の表示で見る

田中派

一般

田中派

たなかは

 かつて存在した自民党派閥。正式には木曜クラブと称した。

1972年に佐藤派のうち田中角栄橋本登美三郎、愛知揆一?らが独立。衆議院では40名、参議院は41名が参加し発足。田中政権下でその勢力を拡大し、常に最大派閥として自民党政治を掌握し続けた。

 1985年竹下登金丸信らによって派内の勉強会「創政会」が結成され、竹下登を後継領袖とする派内抗争の結果、創政会は田中派のほとんどの議員を引きつれ、経世会を発足した。

 残った議員二階堂進が二階堂グループとして派閥を牽引するも、政界への影響力が低下し、後に解散となった。

 経世会は引き続き自民党最大派閥の勢力を維持し、田中派的な支配体制を継続させた。