田島道治

一般

田島道治

たじまみちじ

(1885-1968)宮内府(後、宮内庁)長官。

府立一中(現・日比谷高校)などを経て東京帝国大学卒。

1948年、宮中改革を進める芦田均内閣の下、長官に就任。同じく侍従長に就任した三谷隆信とともに、爵位を持っていなかったため、旧来の宮内官僚の抵抗が強かった。

田島道治―昭和に「奉公」した生涯

田島道治―昭和に「奉公」した生涯

昭和天皇「謝罪詔勅草稿」の発見

昭和天皇「謝罪詔勅草稿」の発見