スマートフォン用の表示で見る

田嶋幸三

スポーツ

田嶋幸三

たじまこうぞう

日本代表のサッカー選手。現・日本サッカー協会副会長。

1957年11月21日生まれ、熊本県出身。

現役時代のポジションはフォワード国際Aマッチ出場7試合1得点。


浦和市立南高等学校(現・さいたま市立浦和南高等学校)時代にキャプテンとして全国高等学校サッカー選手権大会優勝に貢献。

その後筑波大学入学し、サッカー日本代表にも選ばれる。

卒業後、古河電気工業入社し、サッカー部(現ジェフユナイテッド千葉)に所属。

1983年から2年半、旧西ドイツケルン体育大学へ留学しB級コーチライセンス取得。

筑波大学大学院(同大学サッカー部コーチ)を経て、1988年に立教大学講師、1990年助教授になり、1995年までサッカー部コーチを務める。

1993年日本サッカー協会強化委員会委員に就任。1994年からは副委員長となる。

1996年から筑波大学客員助教授日本サッカー協会指導委員会委員。

1998年より技術委員会委員長

1999年にはU-15日本代表監督に就任し、FIFA U-17世界選手権(現・FIFA U-17ワールドカップ)に出場。

その後、日本サッカー協会技術委員長へ昇進。

2006年、日本サッカー協会専務理事に就任。

2010年7月、専務理事との兼任で日本サッカー協会副会長に就任。

小倉純二が務めていた国際サッカー連盟(FIFA)理事アジアサッカー連盟(AFC)理事の後継として選挙に備えていたが、2011年1月のFIFA理事選挙では落選し、2002年以来9年ぶりに日本はFIFA理事のポストを失う事態となった。AFC理事には選ばれた。


* リスト::サッカー選手