スマートフォン用の表示で見る

田之上慶三郎

スポーツ

田之上慶三郎

たのうえけいさぶろう

プロ野球選手・指導者。

右投右打、ポジションは投手背番号は94→64番。

1971年9月17日生まれ。鹿児島県指宿市出身。血液型A型。

平和台球場を知る最後のホークス戦士。

指宿商業高校から1990年ドラフト外福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。

田淵幸一根本陸夫王貞治の3人の監督の下でプレー。

7年目の1996年、初の一軍昇格。

2000年、先発投手として定着。

2001年にはパ・リーグ最高勝率のタイトルを獲得。

2002年は初の開幕投手を務め、選手が歌う「いざゆけ若鷹軍団」のレコーディングにも参加した。

2003年以降、怪我のために登板機会が減少。

2007年、現役引退。

2008年、コンディショニング担当コーチに就任。

2009年、1軍ピッチングコーチに就任。

2011年、2軍ピッチングコーチに就任。

2012年オフ、福岡ソフトバンクホークスを退団。

2013年、北海道日本ハムファイターズの2軍ピッチングコーチに就任。