スマートフォン用の表示で見る

電気自動車

社会

電気自動車

でんきじどうしゃ

EV = Electric Vehicle

電気で駆動する自動車のこと。

蓄電池式電気自動車燃料電池自動車、架線から電力を受け走行するトロリーバスなどがある。環境負荷となる従来のエンジンを搭載していないエコカーである。

電池式電気自動車

搭載された電池に充電し、その電気で走る電気自動車。一般に「EV」「電気自動車」というと大抵この種類を指す。

ハイブリッド車燃料電池車と異なり電気を直接充電する必要があり、充電にかかる時間が長いのが弱点である。その代わり、自宅で充電することも可能であるため、逆に充電の為に出かける必要が無い。そして自宅の電気網と接続することでスマートグリッドの一部として機能させる計画もある。

100V、200Vの両電圧での充電に対応している場合が多い。

普及に向けての問題点

軽量で大容量のバッテリーが高価であり、補助金を見込んでも割高である。

外出先で短時間で充電できる充電スタンドなど、インフラ整備と普及が必要である。

代表的な車種

燃料電池電気自動車

FCV = Fuel Cell Vehicle

通常のバッテリーの代わりに水素タンクを搭載し、酸素と反応させることで電気を取り出す燃料電池を用いた自動車。水しか排出しないため、「究極のエコカー」とも言われている。

電気を充電する代わりに水素をタンクに充填する。

なお、マツダ水素ロータリーエンジンを開発しているが、そちらは水素を燃焼することにより直接動力を得るため、燃料電池車には含まれない。

代表的な車種