スマートフォン用の表示で見る

電気分解水

サイエンス

電気分解水

でんきぶんかいすい

水に適当な電解質を溶かして電気分解を行ったもの。

薄い食塩水を電気分解するとアノード側(陽極、負極)には、強酸性水という殺菌水が出る。次亜塩素酸の溶液である。殺菌や洗浄などに使われる。

カルシウム剤などの溶液を電気分解するとカソード側(陰極、正極)からは、還元水という薄い炭酸水が出来る。いわゆるアルカリイオン水である。

関連

電解水酸性水還元水