電子書籍市場

読書

電子書籍市場

でんししょせきしじょう

印刷・製本されてきた従来の出版物に対する次世代メディア市場。

専用のデジタル端末などでダウンロードして、ページをめくらずワンボタン片手で読書できる。

新たなデジタル市場として、米アマゾンamazon.com)の Kindleキンドル)をはじめ、日本ではブックケータイbiblio、電子貸本Renta! 、ヤンジャンモバイル・リアルタイム等のサービスが始動している。日本では携帯電話向け電子書籍が普及しつつある。

過去の日本の普及失敗例に、松下「シグマブック」、ソニーLIBRIE」等があった。

新聞業界では、2010年より日経新聞の電子版が、有料版と無料版の二部構成を始動する予定。


2007年3月末 約182億円(電子書籍の中でも電子コミックが伸びている)