スマートフォン用の表示で見る

電力自由化

社会

電力自由化

でんりょくじゆうか

需給者が、電力の供給先(発電している会社)を自由に選べるようになること。また、その過程のこと。

1995年の電気事業法改正にはじまり、一般電気事業者東京電力中部電力など)が独占して担ってきた電力の発電や供給を段階を経て一般企業へ緩和している。

目的

供給側の競争を誘発(電気料金の値下げ)

電力の安定供給

経緯

1995年、電気事業法改正 <第一次電力自由化>

  • 独立系発電事業者(IPP)の発電事業への新規事業者の参入を認める
  • 電気料金の規制緩和
  • 電気料金制度の見直し など

2000年、電気事業法改正 <第二次電力自由化>

2005年、電気事業法改正 <第三次電力自由化>

  • 小売の自由化枠を拡大(大規模ユーザー→50kW以上)
  • 卸電力取引市場の開設
目次
  • 電力自由化とは
  • 目的
    • 供給側の競争を誘発(電気料金の値下げ)
    • 電力の安定供給
  • 経緯
    • 1995年、電気事業法改正 
    • 2000年、電気事業法改正 
    • 2005年、電気事業法改正