スマートフォン用の表示で見る

徒然草

読書

徒然草

つれづれぐさ

鎌倉時代後期の随筆吉田兼好著。序段および二四三段から成る。

尚古思想と仏教無常観を中心として、人間生活の諸相に対する批評、感想、伝聞などが述べられている。文体は伝統的な和文体と、新しく生まれた和漢混淆文体とで表現され、平淡で雅趣がある。題は序段「つれづれなるままに」から来ているが、一説によれば、今川了俊が冊子にして書名をつけたとも言う。