杜甫

読書

杜甫

とほ

中国盛唐の詩人。712〜770

字は子美、号は少陵。襄陽(湖北省)出身。杜審言の孫。

名門の出ではあるが、若いころは貧乏で、30歳までは放浪生活を送る。

長安へ出て科挙に及第できず、李白や高適と交遊する。

40歳で官職を得るものの、安禄山の乱や大飢饉に遭い、苦難の生活を余儀なくされる。

結果、官職を捨て、妻子を連れて放浪の旅に出た。

成都四川省)に草堂を構えたが、旅の途中、舟の中で没した。

李白と並ぶ詩人で「詩聖」と称された。

詩風は雄渾にして沈痛、細やかに人間心理を穿つ。

『杜工部集』(二〇巻)がある。