渡辺メソッド

一般

渡辺メソッド

わたなべめそっど

概要

主にライトニングトークスで用いられるプレゼンテーション手法の一つ。

提示資料の作成者による綿密な計画と、プレゼンターのぶっつけ本番によるダイナミックな進行により、聴衆をプレゼンテーションに引き込むことが可能となる。

体制

提示資料の作成者とプレゼンターとで分業体制を取る。

提示資料の作成者の役割

プレゼンターに発表内容の情報を開示せず、完全に伏せた状態で提示資料を作成する。この際、まずあえてプレゼンターに提示資料を作成させた後、レビューという名目で提示資料の作成者がこれを受領し、プレゼンターに気付かれないように修正を行うといったテクニックが使われる。

プレゼンターの役割

本番発表時に初見でのプレゼンテーションを行う。

提示資料の作成者の手による奇想天外なストーリーやスライドの内容に対してアドリブで対応する事が求められるため、プレゼンテーションを止めずに進行させる機転と、窮地においてもうろたえない強靭な精神力が要求される。