スマートフォン用の表示で見る

渡辺清

読書

渡辺清

わたなべきよし

1925‐81年7月23日。静岡県生まれ。

1941年高等小学校卒業後海軍に志願。42年戦艦武蔵に乗り組み、マリアナレイテ沖海戦に参加。44年武蔵沈没にさいし奇跡的に生還。45年復員。復員後、天皇に対する自己の思いを日録の形で披瀝するが、信仰と敬愛の念から戦争責任追及へと変容し、70年から日本戦没学生記念会わだつみ会)事務局長となる。思想の科学研究員でもあった。

著書

戦艦武蔵の最期 (朝日選書 (197))

戦艦武蔵の最期 (朝日選書 (197))

 

砕かれた神―ある復員兵の手記 (岩波現代文庫)

砕かれた神―ある復員兵の手記 (岩波現代文庫)