渡辺智男

スポーツ

渡辺智男

わたなべとみお

90年代のプロ野球選手。

右投左打、ポジションは投手背番号は21→18→39番。

1967年6月23日生まれ。高知県出身。

伊野商業高校1985年選抜高等学校野球大会に出場。エースとして活躍。

準決勝ではPL学園高校の清原和博を3三振に抑えるなど活躍し、初出場・初優勝を達成。

卒業後、NTT四国に進み、全日本のエースとなる。

1988年、ソウルオリンピック代表に選出される。

肘の故障でプロ入りを拒否していたが、1989年、ドラフト1位で西武ライオンズが指名し、入団。

1年目より先発の柱として活躍。10勝を挙げる。

その後も先発投手として、西武ライオンズ黄金時代に貢献した。


1994年佐々木誠村田勝喜橋本武広との3対3の世紀のトレードで、

秋山幸二内山智之と共に福岡ダイエーホークスに移籍。


1994年、1995年は先発ローテーションとして登板。1996年以降は中継ぎに転身した。


1998年、古巣の西武ライオンズに復帰して、現役引退

1999年、西武ライオンズ中国四国地区担当スカウトに転身。