渡辺文樹

映画

渡辺文樹

わたなべふみき

映画監督1953年福島県いわき市出身。

磐城高校、福島大学教育学部卒。学生時代から自主映画を製作、1987年、「家庭教師」にて監督デビュー。3作目の「ザザンボ」までは商業ベースでの製作、上映であったが、それ以降の作品は、自主制作、自主上映(日本各地の公民館を巡業して回っての興行)という映画の原初的スタイルとなり、柳下毅一郎「興行師たちの映画史」でも評価を受けた。


作品