スマートフォン用の表示で見る

渡邊哲哉

アニメ

渡邊哲哉

わたなべてつや

アニメーション監督・演出家。

実写映画やドラマのアングルの取り方や表情のつけ方をアニメに上手に持ち込める職人。ブレンパワード以降のポジティブな富野監督の影響を強く受けている一人。

初のテレビシリーズ監督作「Z.O.E Dolores.i」は予算の都合で作画はかなりアレで、主人公は玄田哲章氏演ずる49歳のバツイチパパ、ヒロインは声こそ桑島法子が乙女チックに喋っていたが、外見は全長ウン10メートルのロボット(おまけにアンテナがピコピコ動くわ、VRな世界ではアリスチックなエプロンドレス着込むわ)と、傍目にはイロモノにしか見えなかったが、よく練られたシナリオ、小技の効いた映画的演出、重厚なSF考証、何気に豪華なキャスト陣が織り成す人情がにじみ出る人間芝居、とアニメでも物語の重要性を思い知らされる隠れた名作だった。

リスト::アニメーションスタッフ