スマートフォン用の表示で見る

登戸研究所

社会

登戸研究所

のぼりとけんきゅうじょ

明治大学 平和教育登戸研究所資料館。2010年3月29日開館。

 登戸研究所は、戦前に旧日本陸軍によって開設された研究所です。秘密戦兵器・資材を研究・開発していました。正式名称は第九陸軍技術研究所ですが、研究・開発内容を決して他に知られてはいけなかったために、「登戸研究所」と秘匿名でよばれていました。

 登戸研究所は、アジア太平洋戦争において秘密戦の中核を担っており、軍から重要視された研究所でありましたが、終戦とともに閉鎖されました。その後、1950年代登戸研究所跡地の一部を明治大学が購入し、現在の明治大学生田キャンパスが開設されました。