都営新宿線

地理

都営新宿線

とえいしんじゅくせん

都営地下鉄の路線。新宿〜本八幡23.5km。

京王新線を介して京王電鉄京王線相模原線に直通している。西行列車は新宿止まりより笹塚行が多く、このためか京王新線都営新宿線の延長のような雰囲気である。

正式名称は「10号線新宿線」だが、他の都営地下鉄と違って「都営10号線」と呼ばれた時期はなく、開業当初から新宿線を名乗っている*1。下の年表の通り第一期の開業区間新宿に達していなかったが、その当時から新宿線を名乗っていた。

ラインカラーは薄い緑。

f:id:mikagekawase:20091225135129j:image

軌間

相互乗り入れ相手である京王線に合わせ、1372mm軌間を用いている。

その京王電鉄は、開業に際して東京市電と共通の1372mm軌間を採用したが、市電都電への乗り入れは実施されなかった。後に都営新宿線を建設する際、都は相互乗り入れを予定している京王電鉄(当時は京王帝都電鉄)に対して1435mmへの改軌を要求したが拒否され、都営新宿線の方が京王線に合わせて1372mm軌間を採用したという経緯がある。

種別

各停のほか、日中時間帯に急行が設定されている。これとは別に休日には朝に本八幡高尾山口急行がある。

なお、京王線内は快速区間急行などの優等種別であっても、新宿線直通になる列車は新宿で種別を変更する。新宿線各停京王線内で優等種別のときは新宿で種別を変更している。

新宿線の種別京王線内の種別
急行急行(休日のみ)
各停急行区間急行快速各停

年表

1978年12月21日 岩本町駅−東大島駅間 開業

1980年3月16日 新宿駅−岩本町駅間 開業、京王線への直通運転開始

1983年12月23日 東大島駅−船堀駅間 開業

1986年9月14日 船堀駅−篠崎駅間 開業

1989年3月16日 篠崎駅−本八幡駅間 開業により全線開通

駅番号駅名よみ
“えき”は略
接続路線
S-01新宿駅しんじゅく京王電鉄京王線(相互直通運転)
JR中央快速線中央・総武緩行線山手線埼京線湘南新宿ライン
小田急小田原線都営大江戸線東京メトロ丸ノ内線
S-02新宿三丁目駅しんじゅく3ちょうめ東京メトロ丸ノ内線副都心線
S-03曙橋駅あけぼのばし
S-04市ヶ谷駅いちがやJR中央・総武緩行線東京メトロ南北線有楽町線
S-05九段下駅くだんした東京メトロ半蔵門線東西線
S-06神保町駅じんぼうちょう都営三田線東京メトロ半蔵門線
S-07小川町駅おがわまち東京メトロ丸ノ内線(淡路町駅)・千代田線(新御茶ノ水駅)
S-08岩本町駅いわもとちょうJR山手線京浜東北線中央・総武緩行線東京メトロ日比谷線つくばエクスプレス(秋葉原駅)
S-09馬喰横山駅ばくろよこやまJR総武快速線(馬喰町駅)・都営浅草線(東日本橋駅)
S-10浜町駅はまちょう
S-11森下駅もりした都営大江戸線
S-12菊川駅きくかわ
S-13住吉駅すみよし東京メトロ半蔵門線
S-14西大島駅にしおおじま
S-15大島駅おおじま
S-16東大島駅ひがしおおじま
S-17船堀駅ふなぼり
S-18一之江駅いちのえ
S-19瑞江駅みずえ
S-20篠崎駅しのざき
S-21本八幡駅もとやわたJR中央・総武緩行線京成本線(京成八幡駅)

車両

8両編成

10両編成


リスト::鉄道路線

*1:正確に言うと、計画段階では都営10号線と呼んでいたが、開業前の1978年7月に新宿線に改称した。都営1号線・都営6号線も、1978年7月に浅草線三田線と改称した。大江戸線は、開業当初は都営12号線と名乗っていた。