スマートフォン用の表示で見る

都市計画法

社会

都市計画法

としけいかくほう

日本の法律

(昭和四十三年六月十五日法律第百号)

1968年昭和43年)に1919年(大正8年)制定の旧都市計画法を全面改正して制定された。

(目的)

第一条
この法律は、都市計画の内容及びその決定手続、都市計画制限、都市計画事業その他都市計画に関し必要な事項を定めることにより、都市の健全な発展と秩序ある整備を図り、もつて国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。

不動産関係の資格試験の主な行政科目のひとつであり、この都市計画法による規制の内容次第で、地価が左右される。