都市対抗野球大会

スポーツ

都市対抗野球大会

としたいこうやきゅうたいかい

都市対抗野球大会は、毎年7月に行われる社会人野球トーナメント大会。社会人野球日本選手権大会と並んで社会人野球日本一の座を争う大会として位置づけられている。略称として「都市対抗野球」または、単に「都市対抗」とも言う。

各地区予選を勝ち抜いた31チームと前年度優勝チームの合計32チーム*1東京ドームで本大会を行う*2

市町村東京23区は「東京都」)単位の代表チームとして戦う。

主催は日本野球連盟毎日新聞社、後援はスポーツニッポン新聞社共同通信社総務省

沿革

1927年、第1回大会が開催される。

1941年は中止、1943年1945年には戦争による大会中断。

開催球場は当初明治神宮野球場だったが、1938年以降後楽園球場、1988年から東京ドームに移る。

1974年(昭和49年)に日本選手権大会が単独で行われるまでは、都市対抗野球日本選手権を兼ねて開催されていた。

優勝旗

優勝旗は「黒獅子旗」、準優勝チームには「白獅子旗」、3位の2チーム(準決勝戦敗退チーム)には「黄獅子旗」が授与される。

また、2001年から、黒獅子旗を獲得したチームは、1年間ユニフォームの袖に黒獅子エンブレムを付けてプレーすることができることとなった。

地区代表

第89回における地区ごとの代表数は以下の通り。なお、地区割りや地区ごとの代表数は、適宜見直しが行われている。

地区代表数対象地域
推薦1(前年度優勝)
北海道1北海道
東北2青森岩手宮城秋田山形福島
北信越1長野新潟富山福井石川
北関東2茨城群馬栃木
南関東3千葉埼玉
東京都4東京
西関東2神奈川山梨
東海6静岡愛知岐阜三重
近畿5京都滋賀奈良大阪和歌山兵庫
中国2岡山広島山口鳥取島根
四国1香川愛媛徳島高知
九州2福岡佐賀長崎大分熊本宮崎鹿児島沖縄

なお、本大会出場チームは、その所在都市を代表する意味で、都市長または町長の推薦状を提出する必要があり、ユニフォームの右袖に都市町章を貼付することになっている。

補強選手

推薦出場として予選が免除されて出場する前年度優勝チーム以外の代表チームは、その予選地区の第1次並びに第2次予選において敗退した加盟チームから3名以内を選出し、補強選手として本大会に出場させることができる。

これは、プロ野球が2リーグ制になった際、社会人野球から大量に選手の引き抜きが行われたことを受け、都市の代表として最強のチームを編成することを狙い、1950年の第21回大会から採用された制度である。当初は1次予選で5人、2次予選で5人の計10人補強できたが、1978年の第49回大会から5人までに、2010年の81回大会からは3人までとなった。

歴代優勝チーム

第1回(1927年)大連市・満鉄倶楽部(満州

第2回(1928年大連市・大連実業団満州

第3回(1929年大連市・満鉄倶楽部(満州

第4回(1930年東京市東京倶楽部

第5回(1931年東京市東京倶楽部

第6回(1932年)神戸市・全神戸

第7回(1933年東京市東京倶楽部

第8回(1934年大阪市・全大阪

第9回(1935年東京市東京倶楽部

第10回(1936年門司市門司鉄道

第11回(1937年八幡市八幡製鉄所

第12回(1938年)東京市・藤倉電線

第13回(1939年東京市・藤倉電線

第14回(1940年京城市・全京城朝鮮

第15回(1941年)中止

第16回(1942年)京城市・全京城朝鮮

第17回(1946年岐阜市大日本土木

第18回(1947年岐阜市大日本土木

第19回(1948年福岡市西日本鉄道

第20回(1949年別府市・星野組

第21回(1950年大阪市・全鐘紡

第22回(1951年大阪市・全鐘紡

第23回(1952年大阪市・全鐘紡

第24回(1953年吉原市・大昭和製紙

第25回(1954年)八幡市八幡製鉄

第26回(1955年大阪市・全鐘紡

第27回(1956年横浜市日本石油

第28回(1957年東京都熊谷組

第29回(1958年横浜市日本石油

第30回(1959年松山市丸善石油

第31回(1960年東京都熊谷組

第32回(1961年横浜市日本石油

第33回(1962年横浜市日本石油

第34回(1963年)京都市積水化学

第35回(1964年浦和市日本通運

第36回(1965年大阪市電電公社近畿

第37回(1966年東京都熊谷組

第38回(1967年)横浜市日本石油

第39回(1968年姫路市・富士製鉄広畑

第40回(1969年千葉市電電公社関東

第41回(1970年富士市大昭和製紙

第42回(1971年姫路市新日本製鐵広畑

第43回(1972年浜松市・日本楽器

第44回(1973年川崎市日本鋼管

第45回(1974年)白老町大昭和製紙北海道

第46回(1975年千葉市電電公社関東

第47回(1976年)川崎市日本鋼管

第48回(1977年神戸市神戸製鋼所

第49回(1978年)川崎市東芝

第50回(1979年広島市三菱重工業広島

第51回(1980年富士市大昭和製紙

第52回(1981年)東京都電電公社東京

第53回(1982年和歌山市住友金属工業

第54回(1983年)川崎市東芝

第55回(1984年横須賀市日産自動車

第56回(1985年大阪市日本生命保険

第57回(1986年)横浜市日本石油

第58回(1987年浜松市ヤマハ

第59回(1988年)川崎市東芝

第60回(1989年)東京都プリンスホテル

第61回(1990年浜松市ヤマハ

第62回(1991年川崎市東芝

第63回(1992年)大阪市日本生命

第64回(1993年横浜市日本石油

第65回(1994年鈴鹿市本田技研工業鈴鹿

第66回(1995年)横浜市日本石油

第67回(1996年)和光市本田技研工業

第68回(1997年大阪市日本生命保険

第69回(1998年)横須賀市日産自動車

第70回(1999年)川崎市東芝

第71回(2000年)川崎市三菱自動車工業川崎

第72回(2001年)浜松市河合楽器

第73回(2002年)藤沢市いすゞ自動車

第74回(2003年)川崎市三菱ふそう川崎

第75回(2004年)春日井市王子製紙

第76回(2005年)川崎市三菱ふそう川崎

第77回(2006年)にかほ市TDK

第78回(2007年)川崎市東芝

第79回(2008年)横浜市新日本石油ENEOS

第80回(2009年)狭山市Honda

第81回(2010年)川崎市東芝

第82回(2011年東京都JR東日本

第83回(2012年)横浜市JX-ENEOS

第84回(2013年)横浜市JX-ENEOS

第85回(2014年大垣市西濃運輸

第86回(2015年大阪市日本生命

第87回(2016年豊田市トヨタ自動車

第88回(2017年東京都NTT東日本

第89回(2018年大阪市大阪ガス

*1:第85回記念大会は各地区予選を勝ち抜いた33チームと前年度優勝チームの合計34チーム、第80回記念大会は各地区予選を勝ち抜いた36チーム

*2:第82回大会については、東日本大震災後の電力需要を鑑み、京セラドーム大阪で行われ、優勝チームは日本選手権優勝チームとして認定