都市緑地法

社会

都市緑地法

としりょくちほう

日本の法律

(昭和四十八年九月一日法律第七十二号)

良好な都市環境の形成を図る法律である。

   第一章 総則

(目的)

第一条
この法律は、都市における緑地の保全及び緑化の推進に関し必要な事項を定めることにより、都市公園法 (昭和三十一年法律第七十九号)その他の都市における自然的環境の整備を目的とする法律と相まつて、良好な都市環境の形成を図り、もつて健康で文化的な都市生活の確保に寄与することを目的とする。

(国及び地方公共団体の任務等)

第二条
国及び地方公共団体は、都市における緑地が住民の健康で文化的な生活に欠くことのできないものであることにかんがみ、都市における緑地の適正な保全と緑化の推進に関する措置を講じなければならない。

2  事業者は、その事業活動の実施に当たつて、都市における緑地が適正に確保されるよう必要な措置を講ずるとともに、国及び地方公共団体がこの法律の目的を達成するために行なう措置に協力しなければならない。

3  都市の住民は、都市における緑地が適正に確保されるよう自ら努めるとともに、国及び地方公共団体がこの法律の目的を達成するために行なう措置に協力しなければならない。

(定義)

第三条
この法律において「緑地」とは、樹林地、草地、水辺地、岩石地若しくはその状況がこれらに類する土地が、単独で若しくは一体となつて、又はこれらに隣接している土地が、これらと一体となつて、良好な自然的環境を形成しているものをいう。

2  この法律において「都市計画区域」とは都市計画法 (昭和四十三年法律第百号)第四条第二項 に規定する都市計画区域を、「準都市計画区域」とは同項 に規定する準都市計画区域をいう。

3  この法律において「首都圏近郊緑地保全区域」とは、首都圏近郊緑地保全法 (昭和四十一年法律第百一号。以下「首都圏保全法」という。)第三条第一項 の規定による近郊緑地保全区域をいう。

4  この法律において「近畿圏近郊緑地保全区域」とは、近畿圏の保全区域の整備に関する法律(昭和四十二年法律第百三号。以下「近畿圏保全法」という。)第五条第一項の規定による近郊緑地保全区域をいう。


以下、略