都政を革新する会

一般

都政を革新する会

とせいをかくしんするかい

杉並区を中心に活動する中核派系の政治団体政党。旧「杉並革新連盟」。略称「都革新(とかくしん)」

杉並区議会に2議席を確保していたが、2006年12月所属議員2名がともに離党。しかしながら、2007年4月の選挙に北島邦彦氏を出馬させ当選させる。現在、杉並区議会に1議席を有する。

代表は元杉並区議・元東京都議の長谷川英憲。

主な活動・政治的主張としては、「つくる会」教科書への反対、石原都知事に対する批判、現杉並区長山田宏氏の政策への反対などが挙げられる。