都並敏史

スポーツ

都並敏史

つなみさとし

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。

1961年8月14日生まれ。東京都世田谷区出身。身長173cm、体重65kg。


通称「狂気の左サイドバック」。果敢なオーバーラップと左足からの正確なクロス、スライディングタックルなど激しい守備が持ち味。

少年期からの読売クラブヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ生え抜き選手。また、19歳でサッカー日本代表に初選出されて以来、主力メンバーとしても活躍。

歌って踊れるJリーガーの名前をほしいままにした、1993年の「ドーハの悲劇」は彼の故障から全てが始まった。またJリーグ開幕戦においてもらったイエローカードJリーグの警告第1号選手の名誉(?)となった。

1996年にアビスパ福岡、1998年にベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に移籍し、同年現役引退

日本代表国際Aマッチ78試合出場、2得点。


2004年、JFA公認S級コーチライセンス取得。

2005年ベガルタ仙台監督に就任。しかし1年で解任。

2007年、セレッソ大阪監督に就任したが、成績不振により5月で解任。

2008年、横浜FC監督に就任したが、成績不振により1シーズン限りで解任。

指導歴

1999
ヴェルディ川崎 巡回コーチ
2001
ヴェルディユース 監督
2001
東京ヴェルディ1969 コーチ
2002
ヴェルディユース 監督
2003
ヴェルディ 普及育成コーチ
2004
ヴェルディユース 監督
2005
ベガルタ仙台 監督
2006
東京ヴェルディ1969 コーチ
2007-2007.5
セレッソ大阪 監督
2008
横浜FC 監督
2014-
浦安サッカークラブ テクニカルディレクター

リスト::サッカー選手