都立御三家

一般

都立御三家

とりつごさんけ

都立高校を代表する三つの進学校の総称。

都立御三家」という言葉自体1960年代頃には言われ始めているが、その内容は世代や地域によって異なる。

また67年以降、学校群制度や学区制による入試形態になったために一時死語となった。

現在では東京都立日比谷高等学校東京都立西高等学校の二校の進学実績がずば抜けているため、また私立の御三家男子御三家)に比べてメジャーな言葉ではないためあまり使われないが、2003年の学区撤廃により徐々に受験業界を中心に再び言われ始めたようである。

学校名