努力教

社会

努力教

どりょくきょう

どんな事でも努力さえすれば必ず叶う、報われると極端に思っている人、強引に布教する人を揶揄した表現。日本人に多いといわれていて、ブラック企業は努力教の一派という意見がある*1

個人個人には能力の差(個人差?)があり、努力だけでは報われない部分がある。過度に信じ、無理をすると苦しむだけである。

例えば先進国の中でもラテンの国は自殺率が低い。彼らは「なんとかなるさ」といったラテン気質?があって、失業率が高くても自殺率は低いと言われている*2

障害者が陥りやすいかもしれない。

関連キーワード

  • 働かない権利(働けないと言う権利?):一部の障害者が提唱している概念