スマートフォン用の表示で見る

土井正博

スポーツ

土井正博

どいまさひろ

70年代のプロ野球選手。現西武ライオンズヘッドコーチ

右投右打、ポジションは外野手背番号は51→3番。

1943年12月8日生まれ。大阪府柏原市出身。

1961年、大鉄高校*1を中退。16歳で養成選手として近鉄バファローズに入団。

翌年の1962年別当薫監督に見出され18歳で4番打者を務める。

その後、バファローズスラッガーとして打撃陣を牽引。

パ・リーグの中心打者として活躍。しかし、打撃3部門のタイトルとは無縁だった。


1975年柳田豊芝池博明との1対2の交換トレードで、太平洋クラブライオンズに移籍。

同年、40本塁打を放ち念願の本塁打王を獲得。

1978年、身売りで所沢移転に反対していた選手の中で、「俺はどこででもやる」という発言で選手がまとまり、決意。

1981年、恩師の根本陸夫に説得され、現役引退。


1982年西武ライオンズの打撃コーチに就任。清原和博らを育てた。1988年、退団。

1995年、打撃コーチに復帰。

2002年、退団。文化放送野球解説者を務める。


2004年、西武ライオンズヘッドコーチに就任。


リスト::野球選手

*1:現在の阪南大高校。