土屋義彦

一般

土屋義彦

つちやよしひこ

1926年5月31日〜2008年10月5日

日本の政治家。元参議院議長。元埼玉県知事。次女は衆議院議員土屋品子東京府北豊島郡高田町(現在の東京都豊島区高田)生まれ。中央大学商学部卒業。

叔父で大正製薬社長でもあった上原正吉が参議院議員になったのをきっかけに秘書となった。1959年埼玉県議会議員自由民主党公認で立候補して当選。1963年にも県議選に立候補して再選を果たした。1965年には第7回参議院議員通常選挙埼玉選挙区から自由民主党公認で立候補して当選。以後、連続5回当選し、環境庁長官や参議院議長を務めた。1992年に参議院議員を辞職し埼玉県知事選挙に出馬して当選。以後、連続3回当選したが、2003年7月に自らの資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で長女が逮捕されたことを受けて引責辞任した。