スマートフォン用の表示で見る

土屋賢二

読書

土屋賢二

つちやけんじ

昭和19年(1944年)11月26日岡山県生まれ。

東京大学文科I類(=法学部)入学。東京大学文学部哲学科卒業。

東京大学大学院人文科学研究科哲学専門課程博士課程退学。(学位文学修士東京大学

現在、お茶の水女子大学文教育学部人文科学科(哲学)教授。

2002年から2年間、お茶の水女子大学文教育学部長。

専門はギリシア哲学分析哲学数学藤原正彦と並ぶお茶大の看板教授。

週刊文春にて『ツチヤの口車』を連載中。


小学校時代の図書委員、保健委員を経て現職。50歳の時、処女ユーモアエッセイ集われ笑う、ゆえにわれありを刊行。以降着々と新刊を刊行しては着々と売れ残っていることを嘆き、『土屋賢二著作集全80巻』の執筆を断念中。いつもジーンズにジャケット姿で大学に現れ、コカコーラをこよなく愛す。哲学科の助手や学生、そして妻から苛められていて不幸だという記述が多いが、実際のところは…?本業は棚直しであり、副業に教授職とジャズピアニストという説もある。ちなみに教え子には柴門ふみがおり、時々著書のイラストを書いているいしいひさいち氏は彼の小学校後輩にあたる。