土屋文昭

一般

土屋文昭

つちやふみあき

法学者、弁護士東大教授。1950年生まれ。1974年京都大学法学部卒業、司法修習生、1976年大阪地方裁判所判事補、79年長崎地方家庭裁判所佐世保支部判事補、82年東京地方裁判所判事補1982年法務省民事局付検事1985年人事院短期在外研究員として米国で在外研究、1988年東京高等裁判所判事職務代行、1990年釧路地方家庭裁判所帯広支部長、1992年京都地方裁判所判事、1995年司法研修所教官(民事裁判担当)、1999年東京地方裁判所判事(部総括)、2003年横浜地方裁判所判事(部総括)、2007年東京高等裁判所判事、2009年東京大学法学政治学研究科教授。

著書

共編著

  • 『わかりやすい新国籍法』山田鐐一共著 有斐閣リブレ 1984
  • 『わかりやすい国籍法』山田鐐一共著 有斐閣リブレ 1993
  • 『民事要件事実講座 債権総論・契約』牧野利秋,齋藤隆共編 青林書院 2005
  • 『ステップアップ民事事実認定』林道晴共編 村上正敏, 矢尾和子,森純子著 有斐閣 2010
  • 債権法改正と裁判実務 要件事実・事実認定の重要論点』田中豊, 奥田正昭, 村田渉共編 商事法務 2011
  • 債権法改正と裁判実務 要件事実・事実認定の重要論点 2』田中豊共編 商事法務 2013