土橋正幸

スポーツ

土橋正幸

どばしまさゆき

野球解説者、元・東映フライヤーズ選手、日本ハム・ファイターズヤクルトスワローズ監督。

1935年12月5日生まれ。東京都台東区出身。

右投右打、ポジションは投手背番号は21番。

プロ通算成績は455試合登板、162勝135敗。

略歴

日本橋高卒業後、実家の魚屋を手伝いながら、軟式野球のチームで活躍。

1955年東映フライヤーズに入団。

1年目より一軍で活躍、1958年には1試合16奪三振の当時日本記録をマーク。

1959年27勝16敗、1960年30勝16敗を挙げるも、最多勝は獲得できなかった。

1962年、エースとしてフライヤーズパ・リーグ優勝・日本一に貢献。

1967年、現役引退。

1973年日拓ホームフライヤーズの監督に就任。同年、退団。

1984年ヤクルトスワローズの監督に就任。1986年まで務めた。

1987年フジテレビ野球解説者となる。

1992年、日本ハム・ファイターズの監督に就任し、古巣復帰。同年限りで退団。

2001年、マスターズリーグ発足と共に、東京ドリームスの初代監督に就任。

強豪チームを形成し、プロ野球時代にできなかった優勝を2度経験*1

2010年10月10日、大沢啓二が逝去したため週刊御意見番のゲストとして登場。2012年まで沢村賞の選考委員を務めていた。

2013年8月24日、側索硬化症により死去。享年77歳。

*1:2002年-2003年の胴上げの際、太り過ぎのため上がらず、大沢啓二張本勲に喝を入れられた。