土御門天皇

一般

土御門天皇

つちみかどてんのう

鎌倉時代前期の天皇。諱は為仁(ためひと)。父は後鳥羽天皇

壇ノ浦合戦草薙剣が水没してしまったため、代わりの剣を用いて即位天皇時代は父・後鳥羽天皇治天の君として治世していた。

承久の乱後、土御門上皇は乱には関わっていなかったとされるが本人の希望により土佐阿波に流刑。鎌倉幕府は同じく流刑にした後鳥羽法皇順徳上皇と異なり、土御門上皇には宮殿を与えるなど厚遇している。

幕府は「後鳥羽天皇皇族即位は認めない」としてきたが、後高倉上皇系最後の四条天皇崩御すると土御門上皇の子・後嵯峨天皇即位することとなる。